menu
2009年11月24日
 ■ カール先生世界デビュー!

TS3K00930002.jpg

カール先生、先日NHK WORLDという番組のロケで喜多方へ行ってました!
この写真は、そのときからの一枚。
うらやましい!!本場の喜多方ラーメン、
絶対においしいですよね?(@^0^@)


来年の1月中旬頃に放送されます♪
ただ、問題がひとつ・・・
日本では放映されないんです 
゜゜(´□`。)°゜。ワーン!!

投稿時間 : 11:53 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月29日
 ■ I fractured my elbow...

Mike J.先生に悲劇です。
自転車から落ちて骨にひびが入ってしまったそうです。

cast%20member.jpg

















欧米ではギブス( cast=キャスト)を巻くことになると、快気を願って友人や家族がギブスに元気になってね!などと落書きをします。日本ではめったに(というか絶対に)見ない光景ですよね。

Mike先生は日本にいますが、この痛い思い出の記念(!?)に落書きをさせてくれるかな???

投稿時間 : 14:03 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月11日
 ■ Enjoyed your G.W.?

carl-half-marathon.JPGこんにちは!みなさんはゴールデンウィーク、有意義に過ごせましたか?ETCが土・日、祝日に大幅値下げされることで、あちこちが混み合った様子がニュースでも取り上げられていましたね。どんなニュースでもよいです。生徒のみなさん、先生に英語で報告してみましょう♪ 
I had a very nice holiday.(とても楽しい休暇を過ごしました。)
I went to ?(場所の名前).(?へ行きました。)
The road was so busy.(道路がすごく混んでたよ。)etc.
簡単な言葉、知っている言葉だけでも、繰り返し使うことが大切です!


さて、カール先生からハーフマラソン完走のニュースが届いています。
5月10日(日) 青森県八戸市にて「八戸うみねこマラソン」が開催されました。
その中のハーフマラソン一般男子の部へ参加。今回は2度目の参加でしたが、2年前よりもタイムを6分縮めてめでたく完走したとのことです!(祝)
みなさん、機会があれば'Congratulations!', 'Well done!' (おめでとう、頑張ったね)と声をかけてみてください♪

投稿時間 : 11:16 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月27日
 ■ 餅つき会をしました!!

mochi.png3girls.png
ちょっと前の話になってしまいましたが、塩釜国際交流協会『しおの会』と合同で餅つきを行いました。

「英会話スクールなのに、餅つき!?」という声も聞こえてきそうですが、自国の文化を外国の人たちに伝えることも、身近な国際交流のひとつですよね!
写真左上:くるみ、ごま、ずんだ、あんこ、(写真には載っていませんが)他には納豆、おしるこも☆
写真右上:塩釜市在住のALT(左:ハイジ、右:サヴィーナ)、わんこ蕎麦を100杯以上食べたことがあるとか!!
mike.png
←マイク先生お初の餅つき!!
背後にはトニー先生の応援?する姿が。
塩釜市玉川公民館、正面玄関にて。

ちなみに『お餅』は英語で'rice cake'、これはもうみんな知っていますよね?
今後も楽しくおもしろいイベントを充実させたいと思います!
生徒の皆さん、積極的に参加してくださいね♪

投稿時間 : 11:37 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月27日
 ■ クリスマスパーティー(大和町校&天苗校・幸町校・泉が丘校)

12月20日(土)に大和町校のある「カール英会話こども園」にて、4校合同のクリスマスパーティーを行いました!カール先生やヘレン先生からクリスマスのお話を聞き、その後は♪We wish you a merry chrismas♪を合唱♪♪
CIMG0417.JPG













そしていよいよお楽しみのゲーム!!「Pass the Parcel」・○×クイズ・ピニャータで盛り上がりました。
○×クイズでは、「Q:イギリスと日本では日本の方が大きい”!?」「イギリスの通貨はドルである!?」さて、答えは○か×か・・・難しいけど、為になるクイズが盛りだくさんでしたーーー(^o^)
CIMG0425.JPG IMGP1425.JPG IMGP1436.JPG IMGP1417.JPG








ゲームの合間にはスナックタイムもありました。カール英会話こども園のキッチン担当:Maki先生がジンジャーブレッドハウスを作ってくれました☆


CIMG0430.JPG IMGP1401.JPG




子どもたちは「お菓子の家」に大感激。携帯カメラで撮影しまくっていました(笑)]

IMGP1403.JPG IMGP1404.JPG





スエーデン出身のヨハン先生によると、このジンジャーブレッドハウスは、壊して食べるとのこと。で、早速トライ!!大喜びで壊して口いっぱいにほおばっていましたヨ。

最後は、サンタさんも登場!1人ずつサンタさんと会話をゆっくり楽しみ(モチロン英語で!)プレゼントをもらいました!CIMG0448.JPGCIMG0432.JPG


アットホームで楽しいパーティでした。送迎等のご協力、ありがとうございました!!

**********************************************************

「Pass the Parcel」
何重にもラッピングされたプレゼントを、イスとりゲームの要領で音楽にあわせて包み(Parcel)をまわしていきます。音楽がとまったら、その時点で包みを持っている人が包みを1枚開けます。包みは何重にもなっているので、開けるたびに何が出てくるのかワクワクのゲームです。

「ピニャータ」
これは、すいか割りやくす玉割りのイメージです。もともとメキシコの遊びだそうですよ。膨らませた状態の風船に新聞紙を糊で貼り、新聞紙が乾いて固くなったら風船を割り、中の空洞になった部分にPass the parcelと同じく子どもの喜びそうなものを入れて穴をふさぐとピニャータの出来上がり。
今回は、紙ふぶきとスーパーボール、キャンディーを入れました!

ジンジャーブレッド
gingerbreadは、ニュルンベルク(ドイツ)のレープクーヘンgingerbread作り強壮から由来します。特にリボンをつけたハートの形をしたgingerbreadは、ヨーロッパ中のお祭で売られるポピュラーなご馳走になりました。人間の形や動物の形をしたgingerbreadも人気でした。グリム童話のヘンゼルとグレーテルはドイツの"hexenhaeusle"、つまり魔女の家をひらめかせるものでした。"Lebkuchenhaeusle"、つまりgingerbread houseはクーヘンの厚切りで作られ、スイーツで飾り付けられました。

投稿時間 : 18:08 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月17日
 ■ みやぎ地球ゆめ楽校

こんにちは!前回りかこ先生について紹介しました!その中で、りかこ先生が所属する、『みやぎ地球ゆめ楽校』について触れましたが、本日もう少し詳しく、りかこ先生にインタビューしてみました!(以下、R‐りかこ先生、Y‐ユキクロ)
Y:りかこ先生、こんにちは!りかこ先生がカール英会話スクールにスタッフとして来てくれて、スタッフ一同、本当に嬉しく思っています!ところで、りかこ先生は他にも小学校での英語の先生や、個人的にもご自宅で英語を教えていたりと、いろんな顔をお持ちですよね。その中でも、『みやぎ地球ゆめ楽校』という中での活動、とても気になります!こちらはどういう集まりなのでしょうか?

R:はい。これはかつて、宮城県の生涯学習科にいた頃、同期の人たちと子供たちの育成には何が必要かを話し合っていくうちに、子供たちを導いていくには、「まず大人たちが楽しく学ぶことが必要なのでは?」ということに行き着いたことから始まりました。大人が学んでこそ、子供に良い形で還元していけるのではないかと、、、

Y:確かに、もっともですよね。具体的にはどういった活動をされているのでしょうか?

R:一番最近では、宮城県民の方々の要望を受け、3回にわたる講座を開きました。『世界を見る目、自分を見る目』をテーマに、自分の足元は見た上、視野を広く持つにはどうしたらよいかを話し合う場を設け、3回目には、カール先生を招き、『外国人からみた日本』という演題で講演してもらいました。

Y:この会は、いつ頃発足したのですか?

R:昨年2007年12月です。立ち上げてから1年弱のまだ若い会です。これからも、自分たちが出来ることからコツコツと活動していきたいと思っています。たくさんの方々に賛同していただき、交流の輪を広げることができたらと考えています。みなさん、こちらの方も併せて応援宜しくお願いします!

Y:今後も、この『みやぎ地球ゆめ楽校』の新たな企画・お知らせなどがあればカール英会話スクールのHPを通じて発信していきたいと思います!りかこ先生、インタビューに応じていただき、ありがとうございました!

投稿時間 : 13:41 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月22日
 ■ 芸術の秋!

church-fi.pngこんにちは!ユキクロです。前回は『食欲の秋!』ということで、芋煮会の報告をしました。今日は『芸術の秋』と行きましょう♪先週末、カールファミリーは、亘理町のある小学校の学習発表会へ出かけました。カール先生がALTとして行っている小学校で、5年生が行う『英語版桃太郎』、6年生の英語での合唱等のお手伝いをしたというので、子供たちの晴れの舞台も見届けようと亘理町へ。さて、どうだったと思いますか??もう目がうるうるする程感動的でした(*^ _ ^*)。6年生の合唱に至っては、もう'maginificent'!(荘厳な、といった意味です)と表現できるくらい素晴らしかったです。小学生って、こんなに人を感動させることが出来るのだと改めて思い知らされました。こうして、『芸術の秋』を堪能させてもらった秋の1日となったのでした♪(画像はイメージです。本文内の小学校とは関連がありません。)
みなさんはどんな秋を満喫中ですか?

投稿時間 : 10:45 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月20日
 ■ HAPPY BIRTHDAY!!

smallju.JPGかなり時間は経ってしまいましたが、7月14日は、カール先生の誕生日でした。年齢はって?『永遠の20代』とのこと。カール英会話ほいくえんの子供達、スタッフの方々から、素敵なプレゼントを頂きました!!園の子供達が一生懸命作ってくれたカール先生の顔、そっくりですよね☆
カール先生よりコメント:' I love all the presents. I was so surprised. Thank you very much xxxxxxx' カール先生は、受け取ったプレゼント、どれもとっても気に入ったようです。そしてとってもビックリしたそうです!
※この'xxxxxxx'ですが、'kiss kiss kiss,,,,,,'の意味なんです。みなさん知ってましたか?
 (ちなみに、数は好きなだけつけます*^.^*)

ユキクロ

投稿時間 : 08:27 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月25日
 ■ 『感謝するという義務ほど軽んじられている義務はない』

tasha.jpg
こんにちは。6月も残すところ1週間足らずとなりました。
2日程前、新聞の一隅に、『ターシャ・チューダーさん永眠』なる記事を見つけました。アメリカの絵本作家で、書店などで美しい花々と共に表紙を飾っている女性を見たことがあるという方も多いのではないでしょうか?ガーデニング、彼女の生き方そのものの素晴らしさでも有名です。
見出しの、『感謝するという義務ほど軽んじられている義務はない』という言葉は、このTasha Tudorさんの言葉で、わたしがいつも胸に留めておきたいと思っている言葉です。(HPなどで、なんとかこの言葉を彼女の言ったままの英語で載せたかったのですが、見つかりませんでしたT.T)
92才で家族に見守られて逝ったそうです。生涯で100冊以上の絵本を出し、毎日庭を回り、自給自足を基本に生きた人だそうです。なのでなんだか、天国でも花の世話をし、歩き回っている彼女の姿を想像してしまいます。
さて、ここでどうにか英語ネタに持っていきたいところです(焦り)
苦し紛れに、『永眠する・亡くなる』→dieの他にも、pass awayという表現もあります。
『感謝するという?』はTashaの言葉に忠実に、と思うので今度見つけたら是非載せたいと思いますが、『感謝』はappreciation, thanks, gratitudeがあります。

Tashaさんの小さな記事のそばには、『自殺による死亡は10年連続で3万件以上』といった記事も。
『1日1善』と言いますが(古い?)、『1日1度感謝』できたら、もっともっと笑顔が増えて、『生きることは楽しい、楽しまなくてはいけない』という、そんなメッセージもこの言葉の中に読み取れる気がしました。

ユキクロ

投稿時間 : 11:26 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月13日
 ■ 'lovely'と'nice'

HPNX0774.JPG
Hi! Everyone.
Lovely day isn't it, today. ^ _ ^
この、'lovely'、イギリス人は'lovely'という言葉を使うのが大好きです。会話の中には必ず出てくる形容詞と言ってもよいと思います。

アメリカ英語を話す人って、あまり'lovely'を使わないかも?とふと思いましたが、どうでしょう?比較的『良い』を意味する形容詞には、'nice'を使っているような気がします。
いずれにせよ、『良い』意味の言葉ですが、'lovely'はかわいらしい表現、'nice'はどんな時にでも使える、無難な表現といったところでしょうか。それでも、使える形容詞をもっと増やすことが出来れば、表現したいこと、気持ちをより良く伝えられますよね☆
『伝えたいことはこうじゃないのに?>_<』と頭の中で下唇を噛んでしまうこと、今でもよくあります。
ユキクロでした!
(上写真:ブリティッシュ・ヒルズ内)

投稿時間 : 13:15 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 6日
 ■ 読んでみませんか?

book1.jpg
イギリスのトピック続きにちなんで、本を紹介したいと思います。

『古くて豊かなイギリスの家
 便利で貧しい日本の家』 井形 慶子著 新潮文庫より

日本とイギリスの家そのものの違いから、家族構造の比較まで、
冷静かつコミカルな文面で綴られています!
以前、塩釜校の玄関先に『貸し出しします!』の張り紙と共に設置
していました。塩釜校以外の方でも、読みたい!という方がいれば、
お貸ししますので、お気軽にどうぞ!(先生に届けてもらいます。)

ユキクロ

投稿時間 : 11:30 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月21日
 ■ Flat Stanleyがカール先生宅に来た!

Flat_stanley.jpg【フラット・スタンレー】
スタンレー・ラムチョップは上から重い板が落ちてきた時にぺちゃんこになってしまった。でも彼は生き延びて、変わってしまった自分の姿を最大限に楽しんでいた。鍵のかかった扉の下を隙間から滑り込んだり、弟のために凧になって親切をしたりするようになりました。ある時スタンレーは絵画のふりをして美術館泥棒の捕獲に手を貸したこともあります。でもスタンレーの何よりの強みは封筒に入って世界中の友達に郵便物として会いにいけることです。


そんなぺちゃんこで、封筒に入って世界中を飛びまわれるスタンレーがカール先生の
家に遊びに来ていました!










スタンレーとカール先生@塩釜神社
スタンレーにとっては始めての体験だったんだろうね?


こちらはスタンレーがカール先生宅で
イースターを楽しんでいるところです。
Hot cross bunも、Decorated eggも
あって豪華!きっとスタンレーは世界中の
イースターを体験しているんだろうね!









世界中を飛び回るぺちゃんこスタンレー・プロジェクトについての詳細はこちら!(英語)
http://www.flatstanley.com/

投稿時間 : 14:00 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 8日
 ■ UKTripからカールが帰国!

doubledecker.jpg






カール先生がイギリスから帰ってきました!
出発する前にお土産をせびっていたこと(笑)をすっかり忘れてた
Connieですが、カール先生はきちんと覚えていてくれました。
英国へ行ったことのない私が憧れるDouble Decker Busのキーホルダー(英語:Key chain)です。

英国と言えば『Double Decker』『Westminster Palace』『Big Ben』『Elizabeth(!!)』。
それと『Fish n' Chips』『English Tea』かな?
・・・う?ん、我ながらものすごいstereotype(固定概念)の塊ですね。
でも行ったことのない国へは憧れと固定概念しかないので、イメージだけが膨らんでいって
しまうのは仕方がないと思うのですが。どうでしょう、皆様。

イギリスの実際については今度UK Tripに参加した生徒さんにインタビューをしてみたいと
思います。運が良ければ写真もゲットできるかな?カール先生からも感想を頂きたいと
思いますので楽しみにしていてください!

Connieでした!

投稿時間 : 17:33 個別ページ表示

2008年4月 7日
 ■ Spring has come!!

仙台にも桜の開花宣言が言い渡されましたね。そろそろお花見の準備をしなくては!!
ご無沙汰しております、Connieです。
・・・決してブログを放置していたわけではありません。
本当はお話したいネタがたくさんあるのですが、年度変わりは何せ忙しくて(汗)
悲しい別れもあれば、嬉しい出会いもあり。出会いがあれば教材の準備や入会
キットの準備があったり・・・嬉しい悲鳴ですけどね!

さて、忙しくて書き込めなかったネタの中でも取っておきをご紹介させてください。
題材は『Bacon』です(笑)。

皆さん、これ↓がなんだか分かりますか?
bacon.JPG


上に乗っているパックがベーコンなのは一目瞭然ですよね。でも下の茶色い物体は???
正解は・・・ベーコン!しかも5kg!(ちなみに写真は塩釜スクールの事務所の中です)
なぜ、こんなものすごいベーコンの塊が英会話スクールに置いてあるかといいますと、
心優しい生徒さんがプレゼントしてくれたんです♪
私を含め、スタッフは大興奮でした。だって、ベーコンをこんな状態で見れるチャンス
なんてそうそうないじゃないですか。それに、おいしそう!!ベーコンを嫌いな人なんて
聞いたことないし、(と思っていたら、デリック先生はベーコンが苦手とのこと)おそらく
その場にいたスタッフは各1kgずつ持ち帰ったのではないでしょうか。

その後、我が家でベーコンは朝食やチャーハン等へと姿を変えていっています。チャー
ハンが今のところ一番おいしかったです。焼豚の代わりにサイコロ状のベーコンを入れて
みたんです。ビンゴ!Mouth wateringチャーハンのできあがりでした!
塊ベーコンを手に入れることのできた方は是非お試しください!Connieオススメです!

※Mouth watering=直訳は「よだれがいっぱい」ですが、『わ?、おいしそう!』っていう
イメージにぴったりくる『食欲をそそる』という意味のイディオムです。

投稿時間 : 10:39 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 7日
 ■ Happy Birthday Stacie!!

IMG_1797.jpg






今日はStacie先生のお誕生日でした!!
本当はスタッフ全員でお祝いをしたかったんですが、みんな忙しくてなかなか全員同じ時間にスタッフルームに集まることができませんでした。(キヨ先生と私とで、かなりねばったんですけどね!)
でも、キヨ先生と私、そしてStacie先生の生徒さんの3人でHappy Birthdayを歌って、ささやかですがお祝いをさせて頂きました。Stacie先生は本当に喜んでくれて、ろうそくの炎を消すよりも先に携帯を探しに行ってしまいました。蝋がケーキに垂れるのではないかとヒヤヒヤでした!
もちろんケーキは無事、そしてStacie先生のこんな素敵な笑顔を撮ることにも成功しました。
Stacie先生が今年何歳になったかって?『21歳』だそうです(笑)

投稿時間 : 22:53 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 5日
 ■ イチローのいるシアトルへ!(Chitter-Chatter)

ある生徒さんが来年あたり留学orインターンを考えているという話をしていたので、
あまり参考にはならないかもしれませんが、私の留学話をshareしようかと思います。

2001年の9月にワシントン州シアトルにあるUniversity of Washingtonへ向けて旅立ちました。
でも初っ端から大変な目にあいました。
というのも、友達に「行って来るね!」と電話をしている横でツインタワーに飛行機が・・・。
もちろん私が乗るはずだった飛行機は飛ぶはずもなく、渡米が5日程延期になりました。
なんとかシアトル入りできましたが、ホストファミリーと過ごすはずだった10日間はたったの
3日程で終了となり、そこから私は大学の寮生活となりました。
(それでもホストファミリーがとても良い方達だったこともあり、寮に引っ越してからも度々
お泊りに行ったり、ランチを一緒にしたりもしました)

寮では4人部屋になりました。
メキシコへの留学経験ありのスペイン語ぺらぺら、テキサス出身のアマンダ。3年生
ルーマニア移民の娘、でももちろん英語はぺらぺら、ルーダ。1年生
父が日本人だけどまったく日本語が話せない、というかラテン系に見えるブリアン。3年生
まぁ、大変な部屋でした。ルームミーティングという名の大喧嘩を食堂で何度かしました。
影で悪口を言うよりはよっぽどいいと思いますが、傍観者の私はドキドキでした。

勉強はとにかく議論!議論!議論!
さすがに300人くらいいるような大教室での授業ではそうも行きませんでしたが
生徒が30人程なら議論です。教室をpro(賛成)とcon(反対)に分けて討論させられるんです。
それがけっこう白熱するんですよね。私は一度思いっきり失敗しましたが・・・。
でもそれもいい思い出です。

放課後ですが、学生は日曜?木曜は毎日(しかも90%って言ってもいいのではないでしょうか)
図書館やカフェなどにこもって勉強します。そうしないと卒業できないし、成績が良くないと
自分の希望するMajor(専攻科目)を専攻できなくなる可能性もあるんです。大変なんです。
その代わり金曜の夜から土曜の夜までは思いっきり遊びます!遠出もしますし、もちろん
夜遊びもします(笑)。メリハリが本当にはっきりしているな、と思いました。

私はシアトルでそれまでに勉強したことがないくらいに勉強をしました。
でも充実感でいっぱいでしたね?。少し頭がよくなったような気にもなりました。
しかもその勉強をするくせは日本を帰ってきても持続できたのですごく良かったです。


長くなりそうなのでこの辺で・・・。
Connie

投稿時間 : 15:45 個別ページ表示

2008年2月 1日
 ■ Happy Birthday Tony!(スクールNEWS)

IMG_1746.jpgIMG_1748.jpg







明日はTony先生の36歳の誕生日です!
ということで1日早いですが、カール英会話スクールスタッフよりプチ誕生日ケーキ
とみんなの美声による「Happy Birthyday to you」をプレゼントさせていただきました。
Tony先生、喜んでいただけましたか?

誕生日本番の明日の予定は?とお聞きしたところ
『息子と一緒にひろみちお兄さんと体操してきます』とのお答えでした。
息子と過ごす時間が何よりの宝物!ってやつですね。
Tony先生の良きパパ像が垣間見えました。

Tony先生にとって明日が素晴らしい誕生日になりますように!
そして・・・Say hi to Hiromichiお兄さん for me!!!

Connie

投稿時間 : 14:47 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月25日
 ■ Blizzard(Chitter-Chatter)

昨日は吹雪(=blizzard。Blizzardはどちらかと言えば猛吹雪のイメージですが)の中を生まれて始めて運転しました。そして生まれて始めて命の危険を感じました(笑)。ChickenなConnieは怖気づいて目的地までは自分で運転したものの、帰りはハンドルを主人にバトンタッチしました。
今朝もかなりビビりながらの車出勤でした。何度か小さなスリップも経験しましたが、なんとか無事出勤できました。カールスタッフもみんな無事出勤してます。
雪というのは子供の頃は嬉しくて楽しいものだけど、大人になると面倒くさくて嫌ですね!

Connie


Chicken⇒腰抜けという意味です。
日本でこのフレーズを有名(?)にしたのはマイケルJフォックス主演のバック・トゥー・ザ・フューチャーではないでしょうか?(古いって?)マイケルJフォックス演じるマーティーが「Are you too chicken to try?」(こんなこともできないのか、この腰抜け)と挑発されてものすごくムキになる様子を今でも鮮明に覚えています。
↓このシーンです

投稿時間 : 11:56 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月22日
 ■ おかえりなさい!(スクールNEWS)

hiro.JPG








以前カール英会話スクールの生徒さんだったNoriさんがオーストラリアでの1年間の
ワーキングホリデーから戻ってきました!せっかくなのでオーストラリアでのお話を
聞かせてもらいました。

Connie(以下C):いつからいつまでオーストラリアに行かれていたんですか?
Hiroさん(以下H):2007年の2月に出発して、3日前に帰ってきました。
:オーストラリアは今真夏ですよね?日本に帰ってきて寒くなかったですか?
:オーストラリアを出る時は33℃でした。日本についてこっちに帰ってくるとき、
 福島を通る時には?6℃だったこともありましたから40℃差ですよね。成田
 に着いたときはTシャツにビーサン履いてましたから。
:ひぇー!風邪ひきそうですね!
:でもオーストラリアに向かう時も日本を真冬に出発して、向こうを真夏に到着しましたから。
:そうですよね。ということは真夏のクリスマスを体験したんですよね?ビーチにサンタ
  とかいましたか?
:いましたよ。本当に暑そうでした。でも子供たちには大人気でしたよ。
:そうなんですね。オーストラリアではホームステイをしたんですか?
:はい。最初の2ヶ月間はホームステイをして、3ヶ月目からは一人暮らしをしました。
  最初の3ヶ月間は語学学校にも通いました。
:やっぱり何も英語をしないでオーストラリアに行くよりは、カールで4ヶ月勉強して
  から行った方が良かったと思いますか?
:はい。やっぱり耳が英語に慣れてました。やらないよりはやってた方がぜんぜん
  違うと思います。それにオーストラリア人のディビッド先生にレッスンをしてもらってた
  のでオーストラリアの話もいろいろ聞けたので、すごく良かったです。
:なるほど!事前にオーストラリアの文化とかも聞けるのはいいですね。一番の思い出は
  何ですか?
:グレートバリアリーフですね。すごくきれいでした。シュノーケリングもしました。
:きれいだって言いますよね!ところで今オーストラリアで流行ってるものって何ですか?
:そうですね。クリケットとかオージーフットボールとか。あと歌手だったらデルタですね。
:誰だろう・・・。
:たぶんアメリカとかでは知られてないけど、オーストラリアではダントツで人気ですね。
:気になります。最後にカールに通っている生徒の皆さんに一言お願いします!
:海外に行ってみてください!行けばなんとかなります。
:ありがとうございました。オーストラリアはまた行きたいですか?
:行きたいです。というか、行きます!

投稿時間 : 13:03 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月18日
 ■ 大人だけ(?)クリスマスパーティー(スクールNEWS)

adultxmas01.JPGadultxmas02.JPG







報告がすっかり遅くなってしまいました・・・。
去年の12月23日、利府青山教室にて大人向けのクリスマスパーティを開催しました。
ゲームとアフタヌーン・ティー、チビサンタによるプレゼント配布とジョン・レノンの『Happy
Christmas』をみんなで熱唱しました!そしてこのパーティは何と、カール先生による
送迎だったんです!

とても楽しいひとときを過ごすことができました。
参加してくださった皆様、ありがとうございました!

****************************
adultxmas03.JPG







Happy Christmas (war is over) by John Lennon

So this is Christmas And what have you done
Another year over And a new one just begun
And so this is Christmas I hope you have fun
The near and the dear one The old and the young

Chorus:
A very Merry Christmas And a happy New Year
Let's hope it's a good one Without any fear

And so this is Christmas For weak and for strong
For rich and the poor ones The world is so wrong
And so happy Christmas For black and for white
For yellow and red ones Let's stop all the fight

Chorus

And so this is Christmas And what have we done
Another year over A new one just begun
And so happy Christmas We hope you have fun
The near and the dear one The old and the young

Chorus

War is over, if you want it
War is over now

Happy Christmas

投稿時間 : 15:21 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月26日
 ■ Christmas Party (幸町・天苗・大和町校)

12月22日(土)幸町校でChristmas Partyを行いました。
生徒さんとお友達合わせて40名の子どもたちが参加してくれました。
一緒に参加して下さったり、お子さんの送迎をして下さった保護者の皆様、有難うございました。
終了予定時刻が遅れてしまいましたこと、お詫び申し上げます。
おうちに帰ってからのお子様方の感想はいかがでしたか?

P1070592.JPG P1070598.JPG
P1070608.JPG P1070594.JPG








パーティーは、動物ビンゴ・PASS THE PARCEL・WHICH ONE THE REAL SANTA? の3つのゲームで盛り上がりました。
3歳以下の子どもたちには、ビンゴの代わりにサンタクロースの顔のパーツとクリスマスツリーのオーナメントを英語で言ってから貼るという遊びをしました。
動物ビンゴでは、景品をGETするべく、英語で言われた動物を一生懸命探していた子どもたちです。
カナダに帰国中のデリック先生からは、事前に撮影したビデオでクイズの問題を出してもらいましたよ。

PASS THE PARCELは、音楽に合わせながら、プレゼントを包んだ英字新聞を回していきます。
この包みは5重になっていて、音楽が止まったら止まった場所にいた子が一枚包みを剥がし、プレゼントをGET!
これを繰り返していきます。
40人の大きな楕円でやりました。5つ包みを回しましたが、2回も当たるラッキーな子もいました!

P1070609.JPG

WHICH ONE THE REAL SANTA?では、サンタさんのお面で顔を隠した3人のサンタが登場し、みんなの前でダンス♪
3人の中からカールサンタを当てるクイズをしました。それぞれカールサンタだと思う先生のところに並び、1人ずつ正体を明かしていきました。
カール先生・アダム先生・デイビッド先生の3人がサンタ役。ほとんどの子が大正解でしたよー☆

最後は、サンタさんにもらったおやつのプレゼントを食べながらお友達や先生とおしゃべりしたり、写真を撮ったりしながらの楽しいSnack time☆

たくさんのお友達とひと足早いクリスマスが満喫出来ました。

今年も残すところ後わずかとなりました。来年もどうぞよろしくお願いします!!

投稿時間 : 11:46 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月18日
 ■ 気に入っていただけましたか?(Chitter-Chatter)

リニューアルしたホームページ&ブログが公開されてから約1週間が経ちました。
気づいた方も既にいらっしゃるかもしれませんが、新しいホームページには
英語のページが加わりました。(画面右上のENGLISHというボタンをクリックして
いただければ英語ページに移ります)

みなさん、気に入っていただけましたか?

スタッフは(特にカール先生)新しいホームページの仕上がりに大満足です!
ブログを投入することによって皆さんに最新情報をオンタイムでお届けすることも可能に
なりましたし、スクールからの何気ないエントリーをお読みいただくことでカール英会話
スクールへの親しみやすさもアップするのではないかと自負しております。

ブログのエントリーへはみなさんからのコメントも書き込めるようになっていますので
どうぞ、interactしてください!!

*interact=交流する


Connie

投稿時間 : 09:24 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月20日
 ■ 利府からSeasons Greetings(利府青山校)

xmasrifu01.JPGxmasrifu03.JPGxmasrifu02.JPG











街も少しずつクリスマスらしく飾りつけされて行く中(光のページェントが今から待ち遠しい方も
いるのでは?)、利府青山校もChristmas Decorationをしました!

『11月なのにまだ早いよ!』なんて個人的には思っていましたが(米国はクリスマス前には
Thanksgiving Dayという一大イベントがありますし、英国にもGuy Fawkes Dayがありますしね)
昨日の寒さを肌身で感じたら、クリスマス気分にならない方が難しいですね。。。
雪も降りましたもんね!今年のクリスマスはwhite Christmasになるかも♪

**********************
雪つながりで。
Q.スタッドレス・タイヤは英語で何というでしょう?
A.Winter tire / Snow Tire
『スタッドレス』がカタカナなのでそのまま英会話で使えそうですけど、海外で
"I want to change my tires to studless tires"と言っても通じないので注意!

Connie

投稿時間 : 10:22 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月13日
 ■ 11月11日と言えば・・・(Chitter-Chatter)

その?
江崎グリコは11月11日を「ポッキー&プリッツの日」と定め、日本記念日協会(加瀬清志代表)の
認定を受けました。ポッキーとプリッツは、スティック状菓子の代表的な存在。その形が数字の
“1”に似ていることから平成11年11月11日の“1”が6個並ぶおめでたい日にスタートしました。
http://www.glico.co.jp/info/kinenbi/pp/

日曜日は仙台駅周辺に巨大ポッキー風船を持っている人を多く見かけました。
その時は楽天の新しい応援グッズなのかと思っていましたが(!!)記念すべき
ポッキー&プリッツの日の第一回目だったんですね。


========================

その?
第一次世界大戦終戦日。ドイツ帝国が休戦協定をフランスのコンピエーニュの森で承諾。
戦争は11月の11日の11時に正式に休戦。

Carl先生とTony先生によればイギリスやオーストラリアでは11月11日の
午前11には1分間の黙祷が捧げられることもよくあるとのことです。
日本にとっての8月15のような存在の日なんですね。
お恥ずかしながら、初めてそのことを知りました。

いろいろな国の先生と話していると自分の知らないことが本当にたくさん
あるんだな、と改めて感じさせられる日でした。

Connie

投稿時間 : 14:53 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月31日
 ■ Happy Halloween!!(塩釜本校)

皆さん!今日が正真正銘のHalloweenですよ!
海の向こうの子供達はTrick or Treatへ行くことを楽しみに今日1日を過ごしていることでしょうね♪

昨日とてもハッピーなことがありました。こんなかわいい差し入れを頂きました!
071031_1129~0002.jpg071031_1129~0001.jpg









かわいいので食べてしまうのがもったいないのですが、やっぱりここは食欲の秋・・・。
スタッフでおいしく頂いております♪

**************************
明日からもう11月ですね?。(インフルエンザ(英語では "the Flu") が流行る時期
でもありますね。健康に気をつけて乗り切りましょう!)
それにしてもTime flies by so fast!!(時間が過ぎるのはなんて早いんだろう)
今年もあと2ヶ月!(まだ2ヶ月?)楽しんで2007年を過ごしましょうね!

Connie

投稿時間 : 11:43 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月27日
 ■ Halloween Party in 大和町校(Costume Fashion show)(仙台大和町校)

大和町校(カール英会話ほいくえん)ホールにて、幸町校&荒町校(天苗幼稚園)と合同で、”HALLOWEEN PARTYを行いました!!
参加した生徒さんは約30人!!、とっても盛大なHALLOWEEN PARTYになりました!!

まず、Costume Fashion showを特設ステージで行ない、気分はモデル!?
元気良く『 I am ○○○ ♪ Happy Halloween!』と一言ずつ挨拶。よくデキマシタ♪

P1060548.JPGP1060532.JPG






P1060530.JPGP1060564.JPG






P1060574.JPG


←本日一番のGood Job!!
自分で作った手作りのドラキュラ伯爵ですって!!
超かぁっこいー

投稿時間 : 23:55 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

 ■ Halloween Party in 大和町校(Pumpkin Toss & Dangling Doughnuts)(仙台幸町校)

■Pumpkin Toss & Dangling Doughnuts■
Pumpkin's BalloonをTossしてから、ぶらさがったDangling Doughnutsに食いつくリレー競争をしました。
Carl先生TeamとDerek先生Teamに別れて、とても盛り上がりましたよ♪

P1060587.JPGP1060590.JPG

投稿時間 : 23:55 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

 ■ Halloween Party in 大和町校(Mummy Maker)(仙台大和町校)

■Mummy Maker■。。。なんとミイラ作りゲームです。

トイレットペーパーを使ってミウラ先生達をミイラにするゲームをしました。
題して 『ミウラ → ミイラ』

P1060612.JPGP1060631.JPG






P1060634.JPG
私(ミウラ)はミイラになっていてよく分りませんでしたが、随分と盛り上がったみたいですよ(苦笑)
ミイラになった感想は。。。 「Very Hot!!」

投稿時間 : 23:55 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

 ■ Halloween Party in 大和町校(Trick or Treat !! )(仙台大和町校)

園内4箇所にモンスターが潜んでいて『Trick or Treat』の掛け声と共にドアをノック(トントン)。。。するとモンスターがおやつをPresentしてくれま?す。

P1060641.JPGP1060643.JPG






P1060646.JPGP1060658.JPG




P1060661.JPG
最後は全員で記念写真です。
とっても楽しかったね?♪

投稿時間 : 23:55 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月26日
 ■ Pumpkin Carving(塩釜校)

071026_1054~0001.jpg071026_1015~0001.jpg









今日は塩釜スタッフのみんなでハロウィーンパーティに向けてのラストスパート、
pumpkin carving(カボチャ彫り)です!Tony先生と10kg級のかぼちゃを2個ずつ
Jack o' lanternに変身させました。・・・事務所の中が瓜臭いです(笑)。
完成品はハロウィーン・パーティで展示しますのでぜひ見てみてくださいね!

Connie

投稿時間 : 10:57 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月23日
 ■ ハロウィーン仮装(Chitter-Chatter)

001.JPG002.JPG004.JPG






おはようございます!
今日は前回のお約束どおり、私が子供の頃張り切って仮装したハロウィーンの
写真をお届けします。

1枚目はバレー教室のみんなで写したものです。私はRaggady Annになったつもりで
仮装しています。お友達はうさぎやピエロ、魔女やチアリーダーもいますね。

2枚目はたぶん小学校のみんなと校庭をパレードしているところかな?
父兄の皆さんも仮装していたりするんですよ!

3枚目はまだまだ私が3歳くらいの頃に、母親に仮装させられている写真です。
これはバレリーナのつもりみたいです。となりの赤ちゃんはインディアン!個性的ですね!


Halloweenまであともう少し!皆さんもいろいろな仮装を楽しんでみてくださいね!
Connie

投稿時間 : 11:57 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月18日
 ■ senaのクレープ屋さん(仙台幸町校)

conv0001.JPG











conv0002.JPGconv0003.JPG








幸町スクール界隈の名物 senaのクレープ屋さん!!
めざましテレビで紹介された後すぐにメールして設置をお願いしました!!
こども達に大人気なのです♪

投稿時間 : 20:16 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月16日
 ■ I'm freezing!!(塩釜本校)

おはようございます。今日は本当に寒いですね。
私は寒がりなので、もう既に"It's freezing!(凍えてしまいそうに寒い!)"などと
言ってしまっています。まだきっと"Its getting cold lately(最近寒くなってきたね)"
程度なんでしょうが・・・。

10-16.JPG







さて、塩釜本校では着々とハロウィーンパーティの準備が進められています。みなさん、参加予約はお済みでしょうか?KiyoさんとYukinoさんによるハロウィン飾りも徐々に完成しつつありますし、先生方も頭をひねりながら、楽しいパーティになるようにいろいろなアクティビティを考えています。きっとこわ?い、楽し?いパーティになりますよ!

次回のブログ更新時には私が子供の頃に仮装した姿を載せたいと思います。乞うご期待!

Connie

投稿時間 : 11:43 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 2日
 ■ ハロウィーンの準備(塩釜本校)

HPNX0342.JPG







光ってしまって見えにくいですね・・・

今日は塩釜スクールをハロウィーン仕様に飾りつけしています。
カール英会話スクールではほとんどの飾りつけがスタッフによる手作りなんですよ!
女性陣は手作り好きが集まっているのでちょっとした飾り付けもかなり気合が
入ります。今回のハロウィーン飾りもなかなかの自信作となりました。
今度レッスンにいらした時にはぜひ間近で見てみてくださいね!

Connie

※ハロウィーン
31日の夜、かぼちゃをくりぬいた中にロウソクを立てて「ジャック・オー・ランタン」
(お化けかぼちゃ)を作り、魔女やお化けに仮装した子供達が「トリック・オア・トリート
(Trick or treat. お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ)」と唱えて近くの家を1軒ずつ
訪ねる。家庭では、かぼちゃの菓子を作り、子供達は貰ったお菓子を持ち寄り、
ハロウィン・パーティーを開いたりする。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

投稿時間 : 11:58 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 1日
 ■ ブログ担当になりました!(スクールNEWS)

初めまして!今日からブログ担当になりましたConnieと申します。
英会話スクールでは事務担当を、英会話ほいくえんでは英会話講師
も勤めています。

まずは簡単な事項紹介をさせてください。
生まれはアメリカのニューヨーク州です。ニューヨークと言われて思い
つくようなきらびやかなマンハッタンではなく、地図上で『ニューヨーク』
という字に書き消されるように存在しているロングアイランドというところ
の出身です。大学時代には1年間イチローのいるワシントン州シアトル
に交換留学もしましたが、日本に来てからはずっと横浜に住んでいました。
なぜ仙台に来たのかと言いますと・・・主人の転勤です。結婚をして秋田県に
引っ越して、福島県に引っ越して、仙台へとやってきました。今はフル
キャストスタジアムからそう遠くないところで主人と1歳7ヶ月の息子と3人
で楽しく暮らしています。

これからスクールでのイベントや連絡事項などを定期的に更新して
いきますのでみなさん是非楽しみにしていて下さい!

投稿時間 : 15:43 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月19日
 ■ はじめてのオーストラリア編(世界を旅する)

5月からかなりのブランクが空いてしまいました。6月の出産より3ヶ月、ようやく復帰です。6月といえば、ワールド・カップに世界中がヒート・アップしていた時期でした。
日本―オーストラリア戦は、まさしくわたしが陣痛と戦っていた時間帯でした。産院行きも秒読み!の時、日本は勝っていたのですが。。。『魔の8分間』によって敗戦を見送った後、産院へと向かったのでした。(涙)
 ということで(?)、かなり苦しいこじ付けとなったのですが、今回はAUSについて話してみたいと思います!!
 AUSはわたしの大好きな国です。(とは言っても、これまで3度行きましたが、主に行ったのはシドニー周辺にブリスベン。)はじめて行った時は、わたしが16才の時、はじめての海外でした。若い時に海外へ行くと、きっと誰にでも大きな影響があるのだと思うのですが、わたしも例外に漏れることなく、自分にとっては自分を変えてくれた!というくらい大きな経験でした。
 そして、数多くのエピソードがあるのです。今回だけでは語りきれないので、3回に分けてお伝えします。
1.ホストマザー・ヘレン 2.AUSハイスクール編 3.シドニーオリンピック編
 AUSは大陸ひとつが丸ごとひとつの国というだけあって、国土が広い!それが地上に降り立ってわかるわけではないのですが、道路や景色を見渡すと、なぜか日本とは違って広々して見えたものです。当時(10数年前)から、バリアフリーの重要性は意識されていたので、そのせいもあったかもしれません。そして何より、人々のサイズも心の広さも、とてつもなく大きく感じました。多くの人が『超』がつく程フレンドリーで、寛大で明るい!!当時、我ながら結構ネガティブで悲観的だった自分の感じたこととはいえ、(日本人の)多くの人が同感してくれるのではないかと思います。本当に、驚く程、『細かいことは気にしない』のです。この『寛大さ』を表すエピソードをひとつ。
 わたしは16才の時、AUSでホームステイをしましたが、ホストマザーのヘレンはそれはそれは寛大で人のお世話が大好き!彼女のおかげで、英語なんて大して話せまいと、シャイだろうと、楽しい滞在期間を過ごすことが出来ました。『水事件』も乗り越えました。
 ある寒い朝の日のこと。顔を洗おうと洗面所の蛇口をひねったのですが、水が一滴もでないのです。何度も蛇口をあちらへ、こちらへとひねりますが、一向に出ません。ヘレンに聞いてみると、凍ってしまって出ないとのこと。諦めて洗面所を後に。その後、みんなで外出をし、夜に帰宅。ホストファミリーとおやすみの挨拶をして部屋へ向かうと、ヘレンが洗面所の方から浮かない顔で、わたしに告げました。なんと、わたしは朝蛇口を、あろうことか全開にした状態で止めていたらしかったのです。『オーストラリアは水を大事にする国』とは、ガイドブックで散々勉強して旅立ったというのに、とんでもない水の無駄遣いを自らしてしまったのです(号泣)。追い討ちをかけるように、一度蛇口を止めると、ポンプがばかになってしまったのか、水が全く出ない状態に!?修復しようとする、いつもは物静かなホストファザー、マイクは、思うように直せず激怒(わたしにではなくポンプに)。人前では全くと言っていい程泣かないわたしも、この時は泣きました。申し訳なさ、恥ずかしさ、マイクの怒りぶりにノ部屋に引き篭もって泣くわたしに、ヘレンは筆談で懸命に慰めてくれます。(日本人は英語を話せなくとも読める!ということはヘレンも承知だったようです。)小さな紙切れには、"Don't be sad. If you feel sad, we are all sad."
と書かれ、ようやく顔を上げたわたしにこう言います。"Tomorrow, we will all forget it. So you forget it, too. OK?"
 大したエピソードではないと思われるかもしれません。ですが当時、高校生で、日々テスト、テストで、なんだか周りも全然見えていなかった心の小さなわたしには、大きな大きな感動をもたらしたのです。本当に、『人のやさしさに触れたなあ』と今思い出しても、心温まる出来事です。(ちょっと自分の世界に入ってます。すみません。)
 次回は、ハイスクール編。当時の日本(そして田舎の高校)ではあり得ない光景がとても新鮮だったいくつかのことについて触れたいと思います。(でもそれは、今の日本でも普通にあることなのかもノ?)

ユキクロ

投稿時間 : 13:19 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 1日
 ■ サイパン(世界を旅する)

みなさん、こんにちは!ついに4月。入園や進級の準備で忙しい時期ですね。そして、これを乗り切れば楽しいゴールデン・ウィーク!
 最近のニュースで、今年のG.W.はハワイやグアムへ発つ人が多そうだと聞きました。ということで、今回はグアムのすぐ近くにあるサイパンでのお話をしたいと思います。
 わたしにとっては、常夏の島初体験!まずその地に下り立った時から、独特の空気に触れることができます。あのまったりとしたなんとも言えない雰囲気だけでも酔いしれるには充分。海辺の夕暮れの美しさ!街中に高々と生い茂る木々、、、 そこにいるだけでも大満足!とはいえ、旅行といえばじっとなどしていられません。


 わたしが宿泊したのは、P.I.C.(パシフィック・アイランド・クラブ)というホテルで、ありとあらゆるスポーツ・ファシリティが揃っているところでした。ウィンド・サーフィン、テニス、パター・ゴルフ、アーチェリー、書き出すと切りがありません。わたし自身、スポーツ万能からは程遠い(涙)いのですが、旅行気分も手伝って、下手でも何でも楽しめたものでした。独身時代のことですが、「きっと家族と来ても楽しいんだろうなあ?」と思ったものです。なので、このホテルはどなたにでもお勧めです!
 非の打ち所のないようなこのバカンスでしたが、ショッキングな出来事もあったのです!
 サイパン2日目の夜のことです。外観も面白い大きな建物に心惹かれ、行ってみるとそこはナイト・クラブ!受付には小麦色の肌の美少女が座っていました。旅行中の開放的な気分で"Hi!"と声をかけ、お互いに調子はどうかなど、ワンパターンな会話が済むとチャージの話へ。わたしはイギリス人の友人と出かけていたのですが、彼に"$10, please."と言うので、わたしも10ドルを取り出そうとしていると、、、受付の美少女は言ったのです。わたしに向かっては、"Are you a Japanese? $25, please!" 「・・・・・!?」
 "Twenty-five dollars?"一瞬面食らってしまい「ハイ!?」という感じでしたが、あえて日本人かどうかを確認されたことなどから状況を把握し、ちょっと怒りがこみ上げてきました。どうも、こういったリゾート地では『日本人は金づる』と思っている人がいるものらしい。これまでは誰かの話にしか聞いたことのない、一種の『差別』体験を実際に経験してしまったのでした。あるんですね、ほんとに。
 結局その時は、通りかかったそのクラブのオーナーと、『二人で$15ずつでどうか』と交渉。オーナーに差別意識などは全くなかったらしく、無事に入場することができた。
 (じゃあ何故、$10ずつにはしてくれないかな?とは思ったものの、まあせっかくの旅行で気分をそれ以上害したくなかったので、それで納得しておきました!)
 この話題で長くなってしまいましたが、こんな経験はこれ一回きり。あとは楽しいビックリの連続でした。ウォーター・スポーツでは、パラ・セーリングで空に浮かびあがり、クルージングでは、戦争中に落とされた不発のミサイルが沈んでいるのを目にし、ハード・ロック・カフェでは、店員さんがなんとも陽気!自分の好きな曲がかかると、仕事中にレストラン・フロアを歩いていても歌い出し、ノリノリで去っていく。日本では見られないシーンだなあ、とアメリカンな雰囲気を体感。
 たった4泊の旅でしたが、南の国のまったり空気、陽気でアメリカンなノリ(?)に包まれ、のんびり過ごすことが出来、こういったリゾート地が根強く人気なのがわかる気がしました。美術館巡り、遺跡巡り、グルメ・ツアー、、、旅行目的は様々ですが、日常の忙しさや煩わしさから逃れてくつろぐには、常夏の空気に癒されるのが一番かもしれません。
 『南の島』には、そんな良さがあります。     

ユキクロ

投稿時間 : 13:21 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 7日
 ■ 校長カールの国イギリス(世界を旅する)

イギリスと一口に言っても、その土地はScotland, England, Wales, Northern Irelandと分かれていて、中には「スコットランドとイングランドは全く違う!」と主張する人もいるという。サッカーの応援ともなれば、それは、それは凄まじい敵対ぶりなのだとか。
 ロンドンでの印象― はじめてロンドンの街中を歩いた時の第一印象は、なんといっても「デカイ!」ということ。それは、ぎっしりと建ち並ぶ建物であり、街を行き交う人々。海外旅行は初めてではなかったのですが、それまでにないくらい圧倒されたことを覚えています。自分などまるで小人のようにちっぽけだと感じました。古くから建ち並ぶその建物の威厳のような、その美しさに気付いたのはその後のことです(笑)。日本の中の東京と言えば、モダンな高層ビルの建ち並ぶ街、それが都会、というイメージがあるのですが、ロンドンは古い街の中に存在する都会。そんな時間的な重みに圧倒されてしまったのかもしれないと、今は思います。素晴らしい街並の一方で、これまた規模の違う広々とした公園もあるのです。一見、『広々』と見渡せるような規模ではないので、一周したら一時間くらいかかりそうな広さ、と言っておきましょう。バッキンガム・パレスからすぐの'Green Park'の中を散歩。それは、"Bird Cage Walk"(鳥かごの散歩)と言われるくらい、幾種類もの鳥たちに会うことができます。『日本で公園を散歩しても、頻繁に出会えるといえばスズメくらいなのになあ。』と、結構バカにできないくらいの感動でした。どんな有名な観光地へ行かなくても、子連れだって楽しめる場所のひとつです!
 もうひとつ、イギリスの食事について少し触れましょう。今でもたまに、「イギリスって料理がまずいってよく聞くんですが、、、」と耳にします。が、そんなことはない!!とわたしは思います。「まずい」と言った方が、なにを食べたのかわからないのですが、わたし自身は、イギリスで食べたもので「はずれ」と感じたことはないです。もっとも、一見小奇麗でちょっと高級そうなレストランよりは、パブ料理やB&Bで食べる物の方がかえっておいしいかも、とは言えますけれどね。そして、'English Breakfast'などと聞くように、イギリス料理というと、何かとても豪華なものを期待しがちなのかもしれませんが、案外シンプルなものが多いんです。'English Breakfast'は、卵、ベーコン、ソーセージ、ベイクド・ビーンズ、トマトなどがワンプレートにのって出てくる朝ご飯です。ゴージャスには見えるのですが、言ってみれば単に全部焼いただけのもの、とも言えるのが実態。じゃがいもを丸ごと焼いてチーズをかける(ジャケット・ポテト)などもその例で、素材その物の味が楽しめます。なので、シンプルな分、まずくなりようがないのでは?とも思ってしまうわたしです。
 イギリス、行ってみればきっと感動できることも多いはず。電線のない丘に古くかわいい家々が並び、まさに、いつか絵でみたことがあるような風景を目にすることができます。
 みなさん、いつか機会があればぜひ、'The United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland'へ!
 最後にワンポイント!? アンダーラインを引いたのは、イギリスの正式国名称。(長いなあ。)

ユキクロ

投稿時間 : 13:22 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)


Carl Eikaiwa School