menu

<<2007年12月 | メイン | 2008年2月>>

2008年1月29日
 ■ PHONICS(松島校)

matsushima012901.JPGmatsushima012902.JPG








Tony先生の松島校でのとあるクラスの様子です。
生徒さん達が熱心に勉強してる様子がとてもよく伝わってきますね!!

この授業でTony先生は子供たちにPhonics(フォニックス)を教えていたのですが、
皆さんはフォニックスが何のことか分かりますか?カール英会話スクールでは
フォニックスをとても大切にしているのですが、『ア・ブ・ク・ドゥ』と言えばピンと来る
人もいるのではないでしょうか?Tony先生曰く、『アルファベットを単純に「エイ・ビー・
シー・ディー」と覚えても英語を読めるようにはならない。フォニックスを覚えれば
少しずつ自分の力で読めるようになる。だから先にフォニックスを教えているんだ』
とのことです。

実際、フォニックスは英語を母国語とする多くの国で子供たちに読み書きと発音を
教える方法として使われているんです(私もアメリカにいた時はこれで読み書き
を覚えました)。日本の中学校でもやりましたが、授業をほんの一瞬フォニックスに
裂いただけだったような気がします・・・。

でも本当にフォニックスを使うと読めるんですよ。
CATという言葉を見て読みたくても「シー・エイーティー」と読んだところで「キャット」
という単語には結びつきませんよね。でもフォニックスを知っていれば「ク・ア・トゥ」
⇒「キャット。あ、猫だ!」になるんです。

おもしろいでしょ?
フォニックスに興味が沸きましたか?
是非、授業で体験してみてください!

Connie

投稿時間 : 11:02 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月25日
 ■ Blizzard(Chitter-Chatter)

昨日は吹雪(=blizzard。Blizzardはどちらかと言えば猛吹雪のイメージですが)の中を生まれて始めて運転しました。そして生まれて始めて命の危険を感じました(笑)。ChickenなConnieは怖気づいて目的地までは自分で運転したものの、帰りはハンドルを主人にバトンタッチしました。
今朝もかなりビビりながらの車出勤でした。何度か小さなスリップも経験しましたが、なんとか無事出勤できました。カールスタッフもみんな無事出勤してます。
雪というのは子供の頃は嬉しくて楽しいものだけど、大人になると面倒くさくて嫌ですね!

Connie


Chicken⇒腰抜けという意味です。
日本でこのフレーズを有名(?)にしたのはマイケルJフォックス主演のバック・トゥー・ザ・フューチャーではないでしょうか?(古いって?)マイケルJフォックス演じるマーティーが「Are you too chicken to try?」(こんなこともできないのか、この腰抜け)と挑発されてものすごくムキになる様子を今でも鮮明に覚えています。
↓このシーンです

投稿時間 : 11:56 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月22日
 ■ おかえりなさい!(スクールNEWS)

hiro.JPG








以前カール英会話スクールの生徒さんだったNoriさんがオーストラリアでの1年間の
ワーキングホリデーから戻ってきました!せっかくなのでオーストラリアでのお話を
聞かせてもらいました。

Connie(以下C):いつからいつまでオーストラリアに行かれていたんですか?
Hiroさん(以下H):2007年の2月に出発して、3日前に帰ってきました。
:オーストラリアは今真夏ですよね?日本に帰ってきて寒くなかったですか?
:オーストラリアを出る時は33℃でした。日本についてこっちに帰ってくるとき、
 福島を通る時には?6℃だったこともありましたから40℃差ですよね。成田
 に着いたときはTシャツにビーサン履いてましたから。
:ひぇー!風邪ひきそうですね!
:でもオーストラリアに向かう時も日本を真冬に出発して、向こうを真夏に到着しましたから。
:そうですよね。ということは真夏のクリスマスを体験したんですよね?ビーチにサンタ
  とかいましたか?
:いましたよ。本当に暑そうでした。でも子供たちには大人気でしたよ。
:そうなんですね。オーストラリアではホームステイをしたんですか?
:はい。最初の2ヶ月間はホームステイをして、3ヶ月目からは一人暮らしをしました。
  最初の3ヶ月間は語学学校にも通いました。
:やっぱり何も英語をしないでオーストラリアに行くよりは、カールで4ヶ月勉強して
  から行った方が良かったと思いますか?
:はい。やっぱり耳が英語に慣れてました。やらないよりはやってた方がぜんぜん
  違うと思います。それにオーストラリア人のディビッド先生にレッスンをしてもらってた
  のでオーストラリアの話もいろいろ聞けたので、すごく良かったです。
:なるほど!事前にオーストラリアの文化とかも聞けるのはいいですね。一番の思い出は
  何ですか?
:グレートバリアリーフですね。すごくきれいでした。シュノーケリングもしました。
:きれいだって言いますよね!ところで今オーストラリアで流行ってるものって何ですか?
:そうですね。クリケットとかオージーフットボールとか。あと歌手だったらデルタですね。
:誰だろう・・・。
:たぶんアメリカとかでは知られてないけど、オーストラリアではダントツで人気ですね。
:気になります。最後にカールに通っている生徒の皆さんに一言お願いします!
:海外に行ってみてください!行けばなんとかなります。
:ありがとうございました。オーストラリアはまた行きたいですか?
:行きたいです。というか、行きます!

投稿時間 : 13:03 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月18日
 ■ 大人だけ(?)クリスマスパーティー(スクールNEWS)

adultxmas01.JPGadultxmas02.JPG







報告がすっかり遅くなってしまいました・・・。
去年の12月23日、利府青山教室にて大人向けのクリスマスパーティを開催しました。
ゲームとアフタヌーン・ティー、チビサンタによるプレゼント配布とジョン・レノンの『Happy
Christmas』をみんなで熱唱しました!そしてこのパーティは何と、カール先生による
送迎だったんです!

とても楽しいひとときを過ごすことができました。
参加してくださった皆様、ありがとうございました!

****************************
adultxmas03.JPG







Happy Christmas (war is over) by John Lennon

So this is Christmas And what have you done
Another year over And a new one just begun
And so this is Christmas I hope you have fun
The near and the dear one The old and the young

Chorus:
A very Merry Christmas And a happy New Year
Let's hope it's a good one Without any fear

And so this is Christmas For weak and for strong
For rich and the poor ones The world is so wrong
And so happy Christmas For black and for white
For yellow and red ones Let's stop all the fight

Chorus

And so this is Christmas And what have we done
Another year over A new one just begun
And so happy Christmas We hope you have fun
The near and the dear one The old and the young

Chorus

War is over, if you want it
War is over now

Happy Christmas

投稿時間 : 15:21 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 7日
 ■ Happy New Year!!(スクールNEWS)

新年明けましておめでとうございます。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

HNY.JPG

投稿時間 : 12:46 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

 ■ ホームページリニューアル・キャンペーン!!

renewal.JPG









ホームページが新しくなった記念に特別キャンペーンを慣行します!!

【キャンペーン対象】
先着5名様!!
お申込み時に『新ホームページを見た!』とお伝えください。

【キャンペーン内容】
・入会金無料
・入会月の月謝半額
・英会話レッスン1回分無料

【キャンペーン期間】
2008年1月31日まで
もしくは
5名様からのお申込みを頂いた時点で締め切り

投稿時間 : 10:43 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)


Carl Eikaiwa School