menu

<<Happy Birthday Tony!(スクールNEWS) | メイン | Retrophonyk @ SHAFT(カールのオススメ!)>>

2008年2月 5日

 ■ イチローのいるシアトルへ!(Chitter-Chatter)

ある生徒さんが来年あたり留学orインターンを考えているという話をしていたので、
あまり参考にはならないかもしれませんが、私の留学話をshareしようかと思います。

2001年の9月にワシントン州シアトルにあるUniversity of Washingtonへ向けて旅立ちました。
でも初っ端から大変な目にあいました。
というのも、友達に「行って来るね!」と電話をしている横でツインタワーに飛行機が・・・。
もちろん私が乗るはずだった飛行機は飛ぶはずもなく、渡米が5日程延期になりました。
なんとかシアトル入りできましたが、ホストファミリーと過ごすはずだった10日間はたったの
3日程で終了となり、そこから私は大学の寮生活となりました。
(それでもホストファミリーがとても良い方達だったこともあり、寮に引っ越してからも度々
お泊りに行ったり、ランチを一緒にしたりもしました)

寮では4人部屋になりました。
メキシコへの留学経験ありのスペイン語ぺらぺら、テキサス出身のアマンダ。3年生
ルーマニア移民の娘、でももちろん英語はぺらぺら、ルーダ。1年生
父が日本人だけどまったく日本語が話せない、というかラテン系に見えるブリアン。3年生
まぁ、大変な部屋でした。ルームミーティングという名の大喧嘩を食堂で何度かしました。
影で悪口を言うよりはよっぽどいいと思いますが、傍観者の私はドキドキでした。

勉強はとにかく議論!議論!議論!
さすがに300人くらいいるような大教室での授業ではそうも行きませんでしたが
生徒が30人程なら議論です。教室をpro(賛成)とcon(反対)に分けて討論させられるんです。
それがけっこう白熱するんですよね。私は一度思いっきり失敗しましたが・・・。
でもそれもいい思い出です。

放課後ですが、学生は日曜?木曜は毎日(しかも90%って言ってもいいのではないでしょうか)
図書館やカフェなどにこもって勉強します。そうしないと卒業できないし、成績が良くないと
自分の希望するMajor(専攻科目)を専攻できなくなる可能性もあるんです。大変なんです。
その代わり金曜の夜から土曜の夜までは思いっきり遊びます!遠出もしますし、もちろん
夜遊びもします(笑)。メリハリが本当にはっきりしているな、と思いました。

私はシアトルでそれまでに勉強したことがないくらいに勉強をしました。
でも充実感でいっぱいでしたね?。少し頭がよくなったような気にもなりました。
しかもその勉強をするくせは日本を帰ってきても持続できたのですごく良かったです。


長くなりそうなのでこの辺で・・・。
Connie

投稿者 carlfamily : 2008年2月 5日 15:45


Carl Eikaiwa School