menu

<<2008年3月 | メイン | 2008年5月>>

2008年4月22日
 ■ UK Trip Photo Allbum

カール先生からUK Tripの写真を頂きました!








こちらはSt. Micheal's Mount へ行くためのボートと、ボートのHobblerです。
舵取りは通常Steererと呼ぶんですが、イギリスのこの地方ではHobblerと呼ぶそうです。








そしてこちらがSt.Michael's Mountという修道院です。
フランスのMont Saint-Michelとは姉妹修道院!
なぜ大砲?長年をかけて砦にされていったということです。








こちらはカール先生の家族です!黄色いセーターの方がカール先生のMotherです。
周りの方々はカール先生のAuntたちです。
もう一枚はカール先生のNephew達です。背が高い!








そしてそしてこちらがカール先生の地元です。Torpointという町です。
隣町へ行くには写真右手に見えるフェリーに乗らないといけないそうです。
このフェリーはチェーンの上を走っていて、ヨーロッパで一番のチェーンフェリーだそうです。
(イマイチ想像の付かない私は「線路の上を走っているフェリー?」とカール先生に聞いたら
苦笑いされながら「そうだね」と言われました)


Last, but not least、カール先生からコメントを頂きました!

<訳>ホームステイ先のTorpointの方と日本の生徒達の相性がバッチリだったのは本当にうれしい驚きでした。みんなとても楽しんでいたし、最高のパーティだった。またやりましょう!

投稿時間 : 12:07 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月21日
 ■ Flat Stanleyがカール先生宅に来た!

Flat_stanley.jpg【フラット・スタンレー】
スタンレー・ラムチョップは上から重い板が落ちてきた時にぺちゃんこになってしまった。でも彼は生き延びて、変わってしまった自分の姿を最大限に楽しんでいた。鍵のかかった扉の下を隙間から滑り込んだり、弟のために凧になって親切をしたりするようになりました。ある時スタンレーは絵画のふりをして美術館泥棒の捕獲に手を貸したこともあります。でもスタンレーの何よりの強みは封筒に入って世界中の友達に郵便物として会いにいけることです。


そんなぺちゃんこで、封筒に入って世界中を飛びまわれるスタンレーがカール先生の
家に遊びに来ていました!










スタンレーとカール先生@塩釜神社
スタンレーにとっては始めての体験だったんだろうね?


こちらはスタンレーがカール先生宅で
イースターを楽しんでいるところです。
Hot cross bunも、Decorated eggも
あって豪華!きっとスタンレーは世界中の
イースターを体験しているんだろうね!









世界中を飛び回るぺちゃんこスタンレー・プロジェクトについての詳細はこちら!(英語)
http://www.flatstanley.com/

投稿時間 : 14:00 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 8日
 ■ UKTripからカールが帰国!

doubledecker.jpg






カール先生がイギリスから帰ってきました!
出発する前にお土産をせびっていたこと(笑)をすっかり忘れてた
Connieですが、カール先生はきちんと覚えていてくれました。
英国へ行ったことのない私が憧れるDouble Decker Busのキーホルダー(英語:Key chain)です。

英国と言えば『Double Decker』『Westminster Palace』『Big Ben』『Elizabeth(!!)』。
それと『Fish n' Chips』『English Tea』かな?
・・・う?ん、我ながらものすごいstereotype(固定概念)の塊ですね。
でも行ったことのない国へは憧れと固定概念しかないので、イメージだけが膨らんでいって
しまうのは仕方がないと思うのですが。どうでしょう、皆様。

イギリスの実際については今度UK Tripに参加した生徒さんにインタビューをしてみたいと
思います。運が良ければ写真もゲットできるかな?カール先生からも感想を頂きたいと
思いますので楽しみにしていてください!

Connieでした!

投稿時間 : 17:33 個別ページ表示

2008年4月 7日
 ■ Spring has come!!

仙台にも桜の開花宣言が言い渡されましたね。そろそろお花見の準備をしなくては!!
ご無沙汰しております、Connieです。
・・・決してブログを放置していたわけではありません。
本当はお話したいネタがたくさんあるのですが、年度変わりは何せ忙しくて(汗)
悲しい別れもあれば、嬉しい出会いもあり。出会いがあれば教材の準備や入会
キットの準備があったり・・・嬉しい悲鳴ですけどね!

さて、忙しくて書き込めなかったネタの中でも取っておきをご紹介させてください。
題材は『Bacon』です(笑)。

皆さん、これ↓がなんだか分かりますか?
bacon.JPG


上に乗っているパックがベーコンなのは一目瞭然ですよね。でも下の茶色い物体は???
正解は・・・ベーコン!しかも5kg!(ちなみに写真は塩釜スクールの事務所の中です)
なぜ、こんなものすごいベーコンの塊が英会話スクールに置いてあるかといいますと、
心優しい生徒さんがプレゼントしてくれたんです♪
私を含め、スタッフは大興奮でした。だって、ベーコンをこんな状態で見れるチャンス
なんてそうそうないじゃないですか。それに、おいしそう!!ベーコンを嫌いな人なんて
聞いたことないし、(と思っていたら、デリック先生はベーコンが苦手とのこと)おそらく
その場にいたスタッフは各1kgずつ持ち帰ったのではないでしょうか。

その後、我が家でベーコンは朝食やチャーハン等へと姿を変えていっています。チャー
ハンが今のところ一番おいしかったです。焼豚の代わりにサイコロ状のベーコンを入れて
みたんです。ビンゴ!Mouth wateringチャーハンのできあがりでした!
塊ベーコンを手に入れることのできた方は是非お試しください!Connieオススメです!

※Mouth watering=直訳は「よだれがいっぱい」ですが、『わ?、おいしそう!』っていう
イメージにぴったりくる『食欲をそそる』という意味のイディオムです。

投稿時間 : 10:39 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)


Carl Eikaiwa School